誰でもできるヘッドライトの黄ばみ・くすみ取り

さて、長年車を乗っていると、こんな感じにヘッドライトが黄ばんできたり、曇ってきたりします。

 

これだと見た目も汚い感じがしますし、格好悪いですよね!ということで、今回、「誰でもできるヘッドライトの黄ばみ取り」の方法をお伝えしたいと思います。

 

※今回は自宅にポリッシャーがない方が多いと思いますので全て手作業で行います!

 

私も以前から市販されているものを使っていたのですが、正直、市販されているヘッドライトコートではキレイに落ちません!

 

黄ばみは、若干キレイになるのですが、この曇ったくすみなどは劣化などが原因になりますので、しっかりと削って落としてあげないとダメなんです。

 

キレイになるまで少し時間はかかりますが、道具さえ揃えれば、誰でもできるので是非、チャレンジしましょう。

 

用意する物

・タオル(5枚程度)

 

・マスキングテープ

 

・耐水ペーパー
(1000番、1500番、2000番)

 

・ピカール

 

・コンパウンド
(極細目)

 

・ヘッドライトコート又はガラスコーティング

 

マスキングテープがない方で、ガムテープを使用してしまう方がたまにいるのですが、ガムテープを使用してしまうと、粘着力が強すぎて塗装が剥がれてしまう可能性があります。

 

マスキングテープを探したけど無かったという方は比較的粘着力の弱い、緑色のガムテープでもOKです。

 

 

作業工程

 

 

車種:ニッサン セレナ
見てわかるように、黄ばみ、くすみがすごいです!

 

ヘッドライトの汚れ落とし

水洗い、カーシャンプーなどを使ってヘッドライトの汚れを落とします。

 

ヘッドライトをマスキングする

ヘッドライトの汚れがキレイになったら、ヘッドライトの外側をマスキングテープを貼っていきます。これは汚れや、ボディがキズつかないようにします。

 

耐水ペーパーを使って黄ばみ・キズを落とす

 

耐水ペーパーの種類
・1000番(粗目)
・1500番(中目)
・2000番(細目)

 

今回、この3段階の耐水ペーパーを使ってキレイに磨いていきますが、もっと細かくやっていく方は、1000番 → 1200番 → 1500番 → 2000番という感じで4段階の耐水ペーパーを使って仕上げていく方もいます。

 

ヘッドライトのキズがある方は、耐水ペーパー1000番くらいから使っていくと良いです。

 

比較的、キズもなくキレイなヘッドライトであれば、1500番からでもOKですよ!

 

最初は粗めの耐水ペーパーを使って磨き始めて、徐々に細い目へと変えていくのです。

 

さて、まずは、粗目の耐水ペーパーから使っていきます。

 

必ず耐水ペーパーを使うときは、水をかけながらやることを忘れないでください。

 

乾いたままペーパーをかけてしまうと、摩擦熱でヘッドライトが溶けてしまうこともあります。

 

力を入れすぎず、まんべんなく、ヘッドライトを磨いていきます。

 

時間にして5分、10分くらいしてから水をかけて汚れを洗い流し、乾いたタオルで拭いてください。

 

この時ヘッドライトキズが付いていて、真っ白で曇った状態になりますが、気にせず作業を続けましょう!

 

 

 

次に、中目の1500番の耐水ペーパーを使います。

 

 

先ほど、1000番でキズつけた箇所を1500番の耐水ペーパーを使って更に細かくしていきます。

 

こちらもまんべんなく5分、10分くらいキレイに磨いてください。

 

多分、この工程をやっている際、腕がパンパンになってきてると思います(笑)

 

私は、食器洗いにつかうスポンジに耐水ペーパーを巻いてやっています。

 

こうすることでかなり楽になりますので、是非、お試しあれ!

 

実際に試して頂けたらわかると思いますが、1000番で磨いたときは線キズが目立っていましたが、1500番の耐水ペーパーを使用した後、その線キズが少し消えているのが確認できると思います。

 

また、これまで真っ白に曇っていたヘッドライトが若干クリアになってきます。

 

 

次に、2000番の耐水ペーパーを使います。

 

 

磨きのこしがないようによく磨いてください。こちらはヘッドライトの状態を見ながらよく磨いてください。

 

磨きのこしがあった場合、もう一度1500番の耐水ペーパーを使って磨いてもOKです。

 

 

 

次に、ピカールを使って更に磨き上げていく

 

 

ピカールを使って曇りを取っていくのですが、これがなかなか変化が見られません(笑)

 

ここは根気強く粘ってください。

 

ある程度曇りが取れたら、次に、コンパウンド(極細目)を使ってキレイ仕上げます。

 

コンパウンドでキレイに磨き上げる

 

しっかり磨けたら、仕上げに、コンパウンド(極細目)を使って磨き上げます。

 

何度か拭き取って状態を確認してください。

 

さて、ここまで出来たら完成!!といいたいのですが、このままですと、また劣化が進んでしまいますので、しっかりと、ヘッドライトにコーティングしてあげます。

 

これは、ガラスコーティング剤でもヘッドライトコートを使用してもOKです。

 

コーティング剤をキレイに拭き上げたら完成です。さすがに新品とはいきませんが、かなりきれいになります。

 

 

ヘッドライトを点けるとこんな感じです^^

 

 

コンパウンド(極細目)がかなり余ったので、ついでにボディもコーティングしました。ここまでかかった時間は4時間半です・・・。ヘッドライトは2時間半くらいで終わったと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?最初と比べたらかなりきれいになったと思います。「見た感じ面倒臭い」「自分にできるか心配」など色々と意見はあると思いますが、ホームセンターなどに売っているものなので、簡単に用意できます。(因みに私はカインズホームで全て用意しました。)

 

後は、ひたすら擦る、擦る、擦る!です^^

 

実際に作業して頂けるとわかると思いますが、結構ツライです(笑)

 

片方のヘッドライトに約1時間半くらいかかりますし、真夏にやるのは控えたほうがいいです。

 

今回は手作業で全て行いましたが、本来であればポリッシャーを使えば、30、40分程度で終わります。

 

しかし、ポリッシャーを持っている方は少ないのですし、お店に出すより安く済みます。

 

それに、自分でやったほうが、車自体にもっと愛着も湧きますし、次回、黄ばみが発生したら、道具は揃っているのですぐキレイにすることができます。

 

少し大変ですが、これからもヘッドライトのメンテナンスを行なっていきましょう!

 

では、これまでの流れを簡単に下記にまとめておきます。

 

1.マスキングテープを使ってボディーを保護

 

2.耐水ペーパーを使って磨く
(目が粗いものから使っていく)

 

3.極細目のコンパウンドを使って磨く

 

4.ガラスコーティングを使ってヘッドライトを保護