車買取 査定のチェックポイントと配点基準

ここでは車買取業者に査定を行う前に抑えておきたいポイントをまとめています。コツを知ってるか知らないかで、買取額に大きな差が生まれるので必ずここで紹介しているポイントだけでも抑えておきましょう。

事前に調査をしておく

 

車を売ろうと思い立って、すぐに業者に連絡をするのはやめておきましょう。その前に済ませておきたい準備があるからです。それは、あなたの車の相場価格を調べておくことです。

 

今やネットで車の買取相場をすぐに調べることができます。もちろん、金額は常に変動するので決まった価格は存在しませんし、業者にもよっても違います。ですが、車を買い取ってもらったことがない方は、大体の相場ですら想像も付かないと思います。50万円なのか?それとも8万円なのか?

 

どちらを提示されても不思議に思わないという方も多いはずです。だからこそ自分と同じ車が一体いくらで取引されてるのかを調べておく必要があります。それも車種が一緒であれば何でも良いわけではありません。車種、年式、走行距離、オプション装備だけでも確認して一番近い状態の車の買取価格をチェックします。

 

調べていくうちに、「ああ、大体こんなものなんだな」と理解できるようになってくるはずです。

 

必ず買い取り専門店へ

車を手放すとなると、ディーラーに下取りに出すか、買い取り専門店に買い取ってもらうかの主に二択となると思います。ただし、買い取り専門店で車を売るほうがほとんどと言って良いほどお得となります。それも、10万、20万の差がつくのも珍しくないような世界です。

 

ディーラーなら下取りしてもらってそのまま新車購入に移れるので、多少楽ではありますが、数十万の差額にはかえられないと思います。お金はいいから面倒は避けたいという方だけディーラーをオススメしますが、近頃、車買取サービスも充実してきてるので、こちらも大分楽になってきてます。

 

そもそも何故こんなにも差が生まれてきてしまうのかというと、新車ディーラーは車の下取りをあくまでついででやっているからです。

 

新車ディーラーの仕事は新車を販売することであって中古車を売ることではありません。なので正直中古車なんて欲しがっていませんし、いらないなら受け取りますよ、ぐらいの気持ちです。そこに高いお金を払うはずがありませんよね。

 

一方で、中古車販売業者、買取専門業者は、中古車の取り引きをするのが仕事です。車を売ってもらえなければ商売にならないため、高いをお金を払って車を買ってくれるわけです。我々からすれば明らかに後者が有利なのは言うまでもありません。しかし現在もこのことがあまり認知されていないため、多くの方がディーラーに下取りに出してしまっているのが現状です。

 

必ず複数の見積もりを取る

車買取業者の見積もりは、一社で絞らずに必ず複数の業者からもらうようにしましょう。単純に買取価格を比べるためでもありますし、交渉材料にもなるからです。

 

前述したとおり、事前調査をして相場を調べていれば良いですが、なにも知らずに一社で見積もりを出してもらっても比較もできないため、その価格で納得せざるをえません。実はかなり損をしているケースもあるので注意が必要です。

 

今は、一括見積もりサイトが多くなっており、手間も減りましたが、一括見積もりを行うことにより複数の業者から電話連絡が来るというデメリットはあります。

 

ちなみに今は、ユーカーパックのように業者とのやりとりをすべて請け負ってくれ、ユーカーパックからしか連絡が来ないというサービスもあるので、率先して利用すると良いでしょう。

 

確かに大変ではありますが、愛車を高く売るためなので、ここはぐっとこらえて対応するようにしましょう。最低でも4社くらいとはやり取りを進めたいところです。

 

業者の言い値にすぐに納得しない!強気に交渉する

業者は買取のプロで毎日多くの車を売りたいオーナーさんを相手にしています。なので、たくみなセールストークで自分の業者で車を売ってもらおうとします。それだけなら良いのですが、向こうも商売ですので、できる限り安い値段で売ってもらおうと仕掛けます。

 

しかしここは流されずにしっかりと自分の希望の額に達してない旨を伝えましょう。ここで最初に調べた相場と、複数の業者から取った見積もりも活きてくるわけですね。

 

買取業者もプロですので、最初は必ずと言って良いほど相場よりも安めの金額を提示してきます。何故なら車を売る人間は大抵の場合、相場なんて知りませんし、交渉をしようなんて考えません。なので、交渉してこなければラッキー、交渉してきても安めの価格を提示してるので、ある程度値段を上げられるようになっています。

 

裏を返すと交渉すれば買取金額は必ず上がるということです。

 

しかし「値段を上げてくれ」と言えばよいというものではありません。買取額に不満を漏らすオーナーは多くいるので、その場合は「明日には値段が下がるかもしれません」、「他者でもこの額が限界だと思います」とお決まりのセールストークが飛び出すことうけあいです。

 

ここで伝えるべきなのは、他者の見積もりでより高いところがあるので、そっちに買い取ってもらうことを検討する、あるいは○○円以上(相場ぐらい)で買い取れなければ今回は見送るということです。

 

業者が一番恐れるのは他者さんのところに流れてしまうことなのでなにかしらの提案があるはずです。とはいえ、ここで欲張って無理な価格を押し付けると逆に突き放されて車が売れなくなるという最悪の事態を招きかねないので注意しましょう。